新着情報

2020 04.03
コラム

【さかなや道場】ビールと焼き鳥の相性の良さにはひみつがあった

ビールをのみたいと思った時、「今日は焼き鳥にしよう」と思い浮かべることはないでしょうか。ビールに焼き鳥が合う理由は、実は味覚とビールの清涼感が関係しているのです。

お酒との相性の良い食材や料理との組み合わせ、つまり両者には「ペアリング」が成り立っています。そこで今回は、「焼き鳥とビールの相性の良さ」についてご紹介していきたいと思います。

 

味覚との関係性

人が美味しいと感じる時は、「甘味」「旨味」「塩味」「苦味」「酸味」これらの味覚がバランス良く感じられた時です。主に「苦味」と「酸味」のあるビールと、「甘味」「旨味」「塩味」を多く含んだ焼き鳥のペアリングは、互いに足りないものを補う理想的な関係。一緒に食べることで五味すべてがバランス良く混ざり合って、絶妙なハーモニーを奏ででくれます。

 

ビールがもたらす後味スッキリ

脂の乗った焼き鳥の後味を、ビールがさっぱりと洗い流してくれます。タレや塩で味付けされた焼き鳥は、基本的には味が濃い料理なのでしつこく感じられることも。そんな時、炭酸を含んだビールを飲めば、口の中もスッキリ。余分な脂を洗い流してくれるので、次の料理を美味しく食べることができます。

 

 

さかなや道場の焼き鳥とビール

焼き鳥はタレ・塩から選ぶことができます。タレは昔ながらの仕込み醤油を使用し、塩は瀬戸内、備前、岡山のこだわりの原料です。

 

焼き鳥

■単品メニュー

・ねぎま串

・せせり串 

・つくね串

各190円(税抜)

・皮串

・ぼんじり串                                                                                 

・ひなとろ串

各170円(税抜)

・牛カルビ串290円(税抜)

・牛タン入りつくね串230円(税抜)

■5本 790円(税抜)

 

ビール

■アサヒスーパードライ中ジョッキ480円(税抜)/大ジョッキ590円(税抜)/中ビン550円(税抜)大ジョッキは中ジョッキの1.5倍の大きさでこの値段はお得です!

■ドライゼロ(ノンアルコールビール)小ビン380円(税抜)

 

※一部取り扱っていない店舗もございます。予めご了承下さい。

※店舗によりメニューの値段が異なることがあります。

最新記事

キャンペーン
あなたが主役 名古屋劇場 名鉄レジャック店
【9月11日(金)より】黒毛和牛!《霜降り黒毛和牛祭》大開催!!
お知らせ
臨時休業のお知らせ