新着情報

2019 07.05
コラム

【さかなや道場】さまざまな飲み方で焼酎を楽しむならさかなや道場がおすすめ!

日本人が日常的に飲んでいるお酒のひとつが「焼酎」です。

社会人になると、上司や先輩との付き合いで焼酎を初めて飲む人も出てくるでしょう。焼酎の正しい知識を持っていれば、飲み会も楽しくなるはずです。この記事では、焼酎の魅力や変わった飲み方などを紹介していきます。

 

どこでも簡単に飲める!ブームにもなった焼酎の魅力

焼酎の魅力として、「どこでも飲める」のは大きいでしょう。焼酎はほとんどの居酒屋に置いてあるお酒です。生産量が多く、仕入れが簡単な焼酎は幅広い店舗で取り扱っているので、場所を選ばずに楽しめます。会社や大学、デートなど幅広いシーンで飲まれるお酒として広まってきました。

次に、「価格」も魅力です。焼酎の中には高級な品もあるものの、基本は庶民的なお酒です。他のお酒と比べて値段は安く、気軽に注文することができます。

また、晩酌として自宅で飲んでいる人も少なくありません。家計にやさしいお酒として、焼酎は愛されてきました。水割りやお湯割りとして飲めるのも経済的です。アルコール度数は高めなので、少量でも酔えるのはお酒好きにはたまらないポイントです。

また、「種類の多さ」も忘れてはいけないでしょう。

焼酎では「麦」「芋」「米」などの種類が有名です。しかし、全国を見渡せば、ユニークな原材料から作られている焼酎がたくさんあります。果実からできた焼酎などは、甘さもあって独特の味わいです。

日本各地には地域ごとの焼酎があり、飲み比べをするのも焼酎の楽しみ方でしょう。旅行先で焼酎を味わうのも、お酒好きの醍醐味です。

こうした魅力は、3度にわたる「焼酎ブーム」を巻き起こしてきました。1970年代、80年代、2000年代前半に訪れたブームにより、焼酎は多くの支持層を獲得していきます。

血糖値などの健康面に気をつけながらお酒を飲みたい人々にとっても焼酎は絶好のお酒であり、ブームを後押ししました。いまや焼酎は日本人の定番のお酒といえるでしょう。

 

焼酎の飲み方いろいろ!新しい扉を開いてみよう

飲み方のバリエーションも、焼酎を語るうえで無視できません。定番はロック、水割り、お湯割りあたりですが、新しい飲み方にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

 

■本来の味を楽しむロック

焼酎そのものの味をじっくり堪能するなら「ロック」がおすすめです。グラスに氷と焼酎を入れて、冷やしながら味わいましょう。

ポイントはグラスをあらかじめ冷やしておくことと、大きい氷を用意することです。強いアルコールの味わいが、氷が溶けていくにつれやさしくなっていくのも飲みやすさの要因です。

 

■口あたりがさわやかな水割り

「水割り」は、焼酎を水で薄めたうえで氷と一緒に飲む方法です。口あたりがさわやかになるので、お酒をたくさん飲めない人にもおすすめです。

また、濃さを調整しやすいのも水割りの特徴なので、長く楽しみたいならあえて薄めに作ってみましょう。作り方の手順は、まずグラスに氷を入れてから焼酎を注ぎます。それから水を入れて調整します。

 

■芋焼酎と相性のいいお湯割り

「お湯割り」は焼酎の香りをより芳醇にする効果があります。そのため、香りが豊かな芋焼酎との相性が抜群です。湯気の中に漂う焼酎の香りを思う存分楽しみましょう。

また、体が温まるので冬場に人気の出る飲み方でもあります。作り方は、お湯を先に器に入れてから焼酎を注ぎます。こうすることで、お湯が下から上がってきてよく混ざり合い、香りも出てきます。

 

■苦手な人も飲みやすい焼酎ハイボール

焼酎の風味があまり得意でない人には、「ハイボール」がおすすめです。氷と炭酸水(ソーダ)を使って焼酎を割る飲み方です。爽快感が強くなり、香りや味のクセを気にせず楽しめます。

さらに、レモンなどの果汁と混ぜる飲み方もあり、甘口のお酒が好きな人からも注目されています。

 

■九州地方でさかんな燗酒

宮崎県や鹿児島県で、普通に親しまれている飲み方が「燗酒」です。焼酎をあらかじめ水で割っておき、2~3日後に燗をします。お湯割りとはまた違った、豊かな風味を味わえる飲み方です。

 

■マイルドな味わいが新鮮、牛乳割り

焼酎に牛乳を入れて混ぜるだけですが、新しい感覚で焼酎をマイルドに味わうことができる飲み方です。好みに応じて甘みをつけると飲みやすくなります。

他にもお茶割り、コーヒー割りなど、さまざまなもので割って飲むことができます。

 

■赤唐辛子と大葉を使った変わり種、金魚

グラスに、赤唐辛子をそのまま1本と大葉1枚を入れて焼酎を注いだのが金魚です。赤唐辛子が水槽の中の金魚、大葉が水草に見えることからこの名がつきました。赤唐辛子の辛さと大葉の香りが心地よい刺激です。

 

さかなや道場でもさまざまな焼酎が楽しめます!

さかなや道場でも豊富な焼酎メニューが用意されています。

全国各地の焼酎をはじめ、さかなや道場のオリジナル焼酎3種「芋」「麦」「甲類」、焼酎ハイボール、サワー類各種など、多彩なラインナップをお楽しみいただけます。(各店舗でメニューは異なります)

焼酎が飲みたくなったら、気軽に声をかけてグルーブで足を運んでみてください。手軽で、種類や飲み方がたくさんある日本人の定番のお酒、焼酎。お好みの飲み方を見つけてお楽しみください。

 

※一部対象外の店舗がございます。詳しくは店舗へお問い合わせくださいませ。

カテゴリー別に見る

最新記事

NEW コラム
【さかなや道場】仕事終わりにサクッと!一人飲みができるさかなや道場
NEW キャンペーン
【さかなや道場】居酒屋で飲めるサワーの種類は?