新着情報

2019 08.13
コラム

【さかなや道場】注ぎ方でビールの味は変わる!きれいに泡を作る方法とは?

ビールは注ぎ方によってまったく味の変わる飲み物です。また、目上の人に注ぐときには細かいマナーがあるので、上手くできないと上司や先輩から大目玉をくらってしまうこともあるでしょう。飲み会でトラブルにならないよう、あらかじめ注ぎ方を学んでおくと無難です。

 

どうしてビールの泡で味は変わるの?

そもそもビールの注ぎ方が重要なのは「泡」が変わってくるためです。ビールは泡と一緒に楽しむお酒です。そして、泡のでき方が味にも影響します。ビールの泡は大麦と酵母に関係しています。

この2つはビールの主な原材料です。酵母が大麦の糖分をアルコールに変えることで、ビールは「お酒」となります。この過程で二酸化炭素が発生し、炭酸のはじける喉ごしへとつながります。

ビールはコーラやソーダと同じ、炭酸飲料であるともいえます。ただし、ほかの炭酸飲料よりも泡が消えるまでの時間が長い点が特徴です。なぜなら、ビール内に含まれる「樹脂成分」が泡を保っているからです。その結果、泡にはビール本来の苦味が移り、風味をより豊潤なものへと変えます。また、泡は喉ごしをさわやかにしてくれるポイントでもあります。

通常の炭酸飲料は刺激が強すぎて「飲みにくい」と感じる人もいるでしょう。しかし、ビールの場合は泡と一緒に飲むことで刺激がマイルドとなります。暑い季節にゴクゴクと飲めるのも、泡があるからこそなのです。

そのため、ビールを注ぐときは泡の出来が重要となります。泡が多すぎても少なすぎても「失敗」とみなされるので注意しましょう。

 

おいしくなるビールの注ぎ方いろいろ

ビールと泡の黄金比は7:3といわれています。これ以上泡が多いと、感触が不快になります。また、ビール本来の味が消えてしまうのでおいしく感じません。

一方で、泡が少なすぎても口当たりが物足りなくなるでしょう。実は、泡には旨みを守るための「バリヤ機能」があります。泡が消えないからこそ、ビールの旨みは外気から保護され、長時間保たれるのです。泡がまったく立たないと、味気なくなるのは当然です。

サーバーで7:3の泡を作るためには、好みによって「一度注ぎ」「二度注ぎ」「三度注ぎ」を使い分けるといいでしょう。

まず、「一度注ぎ」は勢いよくビールを注ぐことで炭酸を飛ばす方法です。喉ごしが爽快になるので、一杯目には最適です。そのかわり、テクニックの難易度は高いといえるでしょう。

「二度注ぎ」は泡の中に旨みを加えるための技術です。一度目は豪快に注いだ後、泡が消えるのを待ちます。それから二度目で泡を調整しながらゆっくりと注ぎ足します。

最後に「三度注ぎ」は一度目にグラス半分まで、二度目に七合目まで、三度目に泡を注ぐ方法です。三度注ぎではきめ細かい泡ができるのが特徴です。ほかの注ぎ方よりも泡がクリーミーになり、喉ごしがやわらかくなります。食事の際に飲むお酒として向いています。

 

ビールを注ぐ際のマナー!上司や先輩には要注意

会社などの飲み会では、目上の人にお酌をすることも少なくありません。このとき、正しいマナーを守っていないと相手の気分を害してしまうおそれがあります。ビールの場合、瓶の持ち方から細心の注意を払いましょう。

まず、注ぐときはラベルを上にします。そして、グラスから飛ばないようゆっくり注ぐようにしましょう。このとき、片手持ちは厳禁です。両手で支えるようにして瓶を持ちます。右手で瓶をつかんでいるとしたら、左手を下に添えると安定します。

グラスに注ぐ際は、だんだんと瓶の角度を水平に近くしていきましょう。これは、ビールの勢いを調整するためです。最後は泡が多くなりすぎないよう、調整しながら注ぎます。瓶ビールでも泡の比率はサーバーと変わりません。全体の3割ほどを目安とします。

なお、会社の飲み会では「グラスが減ったらすぐ注ぎ足すのが礼儀」とされていることもあります。ただ、ビールは残っているものに注ぎ足しても味が落ちてしまいますし、「次々に注がれても落ち着かない」と考える上司もいるでしょう。

相手のグラスが空になってから、注ぎ足すペースでかまいません。そして注ぐときは一声かけ、許可をもらってからにしましょう。

 

さかなや道場ならビールはさらにおいしくなる!

ビールは宴会に欠かせないドリンクです。もしも居酒屋で宴会をするつもりなら、飲み放題メニューにビールが入っているかをチェックしましょう。発泡酒ではなく、ちゃんとビールが飲めるかどうかを調べておかないと、本番になって参加者から不満が出かねません。

さかなや道場であれば、アサヒスーパードライをご用意しております。しかも、宴会にぴったりの個室まで設置。居酒屋では、ほかの団体客の話し声がうるさく、心おきなく話ができないこともありますが、個室なら問題ありません。団体でもくつろげるさかなや道場で、ビールの黄金比「7:3」にチャレンジしてください。

そのうえ、さかなや道場はお酒に合うメニューがそろっています。お刺身から焼き物、揚げ物、ヘルシーなサラダまでバリエーションも豊富です。お酒そのものだけでなく、おつまみも場の雰囲気を左右します。メニューに偏りがあると、一部のメンバーしか楽しめません。

会社の飲み会のように、さまざまな性別や年齢層が集うケースでは、さかなや道場の宴会プランがおすすめです。ご来店、お待ちしております。

カテゴリー別に見る

最新記事

NEW コラム
【さかなや道場】仕事終わりにサクッと!一人飲みができるさかなや道場
NEW キャンペーン
【さかなや道場】居酒屋で飲めるサワーの種類は?