新着情報

2019 08.19
コラム

【さかなや道場】意外と見られている!?正しい焼き魚の食べ方をマスターしよう

日本食の定番のひとつと言えば、焼き魚ではないでしょうか。魚が香ばしく焼けた匂いは、とても食欲をそそられます。ご飯のおかずとしてはもちろん、お酒のアテにも最適な料理です。

そんな魅力的な焼き魚ですが、きちんとした手順で食べなければ、器の上が汚れ見栄えがとても悪くなります。食べ方が分からず、すこし恥ずかしい思いをしたことがある方も多いのではないでしょうか。今回の記事では、覚えておきたい焼き魚のキレイな食べ方を紹介していきます。

 

意外とみられている焼き魚の食べ方

まずは焼き魚を食べるときの、基本的なマナーを確認していきましょう。

 

■左から右へ向かう

和食のマナーは昔の名残から、「人は全て右利き」という前提で考えられており、焼き魚も通常、頭が左になるように盛り付けられています。なので、基本的には左から右に向かって食べていきます。

 

■魚を裏返すのはNG

半身を食べ終えると、魚を裏返している人をよく見かけます。これはマナー違反になりますので気をつけましょう。日本料理は盛られた形をなるべく崩さないという習慣があるので、そこも意識していきましょう。
食べ終えた後の残った骨や皮などは、集めて右隅の一ヶ所にまとめておきましょう。見栄えがとてもよくなります。

 

開きや干物の食べ方と手順

開きの焼き魚は、開いていないものより比較的食べやすくなっています。しかし、中骨の周辺などは身がくっついているので、キレイに食べるのがなかなか難しいところです。そこで、しっかりとコツを掴み、上手にキレイに食べましょう。

 

■手前側から食べる

まずは、中骨より手前側の半身から食べ始めます。このときも焼き魚のマナーを忘れずに、左から右に向かって食べ進めていきましょう。中骨の周りにしっかりとくっついている薄い身は最後に食べるので、ここで無理に食べる必要はありません。

 

■中骨を頭の付け根で折る

手前側の身を食べ終えたら、箸を使って頭の付け根で中骨を折ります。折れたら中骨を手で掴み、尻尾に向かって剥がしていきます。剥がれた中骨は一旦お皿の奥へ置いておきましょう。

 

■残りの身も同様に

残った半身は、手前側と同様に左から食べていきます。全て食べ終えたら、先ほど剥がした中骨の周りに付いている身を食べます。このとき、食べにくい場合には手を使っておさえても構いません。

紙ナプキンなどを使って魚に触るか、なければ触った後におしぼりでしっかりと拭きましょう。食べ終わったら、頭、中骨や小さな骨、皮をお皿の隅にキレイにまとめておきます。ちなみに、開きの焼き魚は、身ではなく皮目が上になって出てくることもあります。よく旅館の朝食で見かけますよね。このときも基本的な食べ方は同じです。

 

食べる機会の多い「秋刀魚」「アジ」を食べるコツ

焼き魚と言ったらまず思い浮かべるのは、「秋刀魚」や「アジ」ではないでしょうか。特に秋になると、よく居酒屋などで秋刀魚がメニューに並びます。旬の秋刀魚は、脂がしっかりとのっており、とても美味しいですよね。アジもおなじみの魚です。食べる機会が多いからこそ、コツを覚えて上手に食べましょう。

 

■上半分から食べる

まずは、表面側の上半分(背中側)を、左から右にかけて食べていきます。このとき、最初に中骨の上を箸で軽くおさえ、圧を加えておくと身がほぐしやすくなりますので是非試してみてください。上半分を尻尾まで食べ終えたら、次は下半分(お腹側)を同じように左から右に向かって食べ進めていきます。

 

■裏側の身の食べ方

表面側を食べ終えたら、裏側の身と中骨の間に箸を入れて離します。中骨が身から離れたら、頭と尻尾を付けたまま中骨をお皿の奥へ置きます。頭を手で掴むときは、テーブルにある紙ナプキンを使うか、懐紙を使いましょう。もちろんここでも魚を裏返すのはマナー違反です。

中骨を移動し終えたら、表面側と同じ手順で裏側の身を食べます。食べ終えた後の小さな骨や皮は一ヶ所にまとめておくと見栄えもキレイです。

 

さかなや道場なら魚介類を使ったメニューが豊富!

さかなや道場には、新鮮な魚介類を使った様々な料理があります。鮮度にこだわったお刺身盛りをはじめ、海の幸をのせたサラダや甘海老の唐揚げなど、豊富なメニューを揃えています。

特に「まぐろ」には力をいれており、お刺身はもちろん、ひと手間加えたユッケやなめろうもおすすめです。衣はサクサク、身はふっくらジューシーな「まぐろのメンチカツ 560円 (税抜)」は格別です。

 

■自社加工場で味付けたこだわりの焼き魚

さかなや道場のメニューにある、「たらの酒粕漬け 590円 (税抜)」は、仕入れから製造までを一括で行っています。全国各地から新鮮な状態で仕入れ、自社加工場にてこだわりの味付けに仕上げています。純米大吟醸の酒粕と西京味噌を使った上品な香りと味わいの逸品です。ご来店の際には是非注文してみてください。

その他にも、定番の「特大縞ほっけ[1尾]890円(税抜)[ハーフ]490円(税抜)」や、たっぷり詰まった卵が美味しい「子持ちししゃも[5本]390円(税抜)」も揃っています。
また、期間限定のメニューもありますので、公式サイトもチェックしてみてください。さかなや道場で、新鮮な焼き魚をキレイに美味しく召し上がってみてはいかがでしょうか。

カテゴリー別に見る

最新記事

NEW コラム
【さかなや道場】仕事終わりにサクッと!一人飲みができるさかなや道場
NEW キャンペーン
【さかなや道場】居酒屋で飲めるサワーの種類は?