まぐろ料理・活魚 さかなや道場 カンケンプラザ植木野店

新着情報

2019 08.23
コラム

【さかなや道場】飲み比べたくなること必至!数ある梅酒の種類をご説明

日本の果実酒の代表格と言える梅酒は、根強い人気がありスーパーのお酒売り場などでもたくさんの種類が販売されています。梅酒が好きで定番のものを買って家で飲んでいるけれど、色々な梅酒を試してみたいと思った方は、種類が豊富な居酒屋で飲み比べてはいかがでしょうか。

梅酒は、主に酒類、梅、糖類で作られますが、当然のことながら、原料が違えば味や香りも違ってきます。ベースとなるお酒も色々、梅も糖類も色々で、さらに梅以外の素材をプラスした梅酒もあります。今回はどのような梅酒があるのか、種類別にその特徴をご紹介していきます。

 

梅酒の種類はベースのお酒による

梅酒は色々なお酒をベースにして作られています。ここでは代表的なお酒4種についてご紹介します。

ホワイトリカー:ご家庭で梅酒を作る時にもよく使用される、梅酒のベースとしては最も一般的なお酒です。ホワイトリカーは無味無臭が特徴の甲類焼酎(連続式蒸留焼酎)なので、梅が持つ本来の香りと味を楽しむことができます。

甲類焼酎は、居酒屋のサワーなどでも使われるものなので、比較的どなたでも飲みやすい梅酒であることが多いです。ロックでもソーダで割っても楽しめます。

本格焼酎:麦・芋・米焼酎などに代表される乙類焼酎(単式蒸留焼酎)を使った梅酒は、ベースとなっている焼酎の味わいが強くなります。梅の成分と混じり合うことで、コクとキレが深まるとも言われています。本格焼酎を使っているので、アルコール度数が高めなのも特徴です。ベースの焼酎の種類を変えて飲み比べてみても楽しいでしょう。

日本酒:日本酒が持っている甘みを活かすために、糖類は控えめに作られていることが多いです。日本酒のまろやかな旨味と深い味わいの中に、梅の風味が引き立ているのが日本酒製の梅酒の特徴。この自然な甘みを楽しむためには、是非ロックで飲むのがおすすめです。

ブランデー:ブランデーが持つ濃厚な味わいと梅の香り、そしてほんのりとした甘みがあるのが、ブランデー製の梅酒。ブランデーの刺激も柔らかくなり、飲みやすさもアップしています。

ブランデーをベースにした梅酒の特徴には、熟成期間の短さがあります。本来だと1年程度かかるものもあるところ、ブランデーだと3ヶ月程度で熟成します。ロックやソーダ割りで香りを楽しんでください。

 

梅酒に使う梅の種類と完熟度

およそ300種もの品種があるという梅ですが、中でも梅酒に使われることの多い主な品種を紹介します。

南高(なんこう):梅の生産地として有名な和歌山県を代表する品種です。梅干しなどにも使用されています。スーパーなどでもよく見かける名前ではないでしょうか。こちらは、2006年に梅の最高級ブランドに認定されています。実は大きいのに種が小さく、皮が薄く果肉が多くて柔らかいのが特徴です。

白加賀(しろかが/しらかが):江戸時代から日本全国で栽培されていますが、特に関東地方での生産が盛んです。実が大きく、肉厚で繊維が少ない果肉が特徴です。

古城(ごじろ):果実が綺麗なことから「青いダイヤ」と呼ばれています。和歌山県の特産ですが、実は南高より固くしっかりしています。収穫時期が早いのが特徴です。

鴬宿(おうしゅく):歴史のある品種で、香りがよく固めの果肉が特徴です。型崩れしにくいので、梅酒のほかカリカリ梅などにも多く使われます。

ほかにも、豊後、玉英、青軸、竜峡、光陽、七折、高田、藤五郎などたくさんの品種が梅酒作りに使われています。使う梅の品種によって、梅酒の味や香りに違いが生じるのはもちろんのこと、梅の熟度も出来上がりに影響します。

まだ若くて青い梅なら、酸味があって爽やかなパンチのある味わいとなり、香り豊かな梅酒に仕上がります。やや熟度が進み黄味ができた梅では、酸味は穏やかとなり、まろやかな口当たりに仕上がります。完全に熟した紅く色づいた梅を使うと、酸味が少なくなりより甘みを含んだ梅酒になります。

 

梅酒の種類はまだある!ブレンド梅酒とは

梅酒に使われる糖類は、梅のエキスを抽出する役割があるだけでなく風味を変える役割も持ちます。梅酒を作るには氷砂糖が使われることが多いのですが、黒砂糖やハチミツなどを使ったものもあります。

このほか、梅の果肉や他の果実の果肉などを加えてにごらせた「にごり梅酒」や、炭酸が含まれている「スパークリング梅酒」など少し変わったものもあります。例えば「ブレンド梅酒」は、基本となる梅酒に、果実や果汁、酸味料、香料、着色料などを混ぜ合わせた(ブレンドした)梅酒です。

明確な定義はありませんが、柑橘類などの果実・果汁以外にも、種類の違うお酒や、抹茶、紅茶のエキスを加えた梅酒など多種多様にあります。

 

さかなや道場なら美味しい梅酒が豊富!

ドリンクメニューが充実しているさかなや道場では、梅酒も常時4種類取り揃えております。

「鴬宿梅スペシャル 450円(税抜)」は王道・定番の梅酒で、どなたでもお楽しみいただける美味しさです。

「鴬宿梅 紅茶梅酒  450円(税抜)」は、紅茶の葉を使ったスピリッツをベースにしており、紅茶と梅酒の爽やかな香りを堪能することができますよ。

「和三盆 梅酒 450円(税抜)」は、糖類に和三盆を使っており、上品で、和菓子のような甘さが特徴です。

そして「鍛高譚の梅酒 450円(税抜)」では、「しそ焼酎・鍛高譚 グラス 420円(税抜)」に使用されているしそを使っており、しその香りが広がる当店イチオシのドリンクメニューとなっています。(メニューは店舗により異なります)

飲みやすく、様々な味わいを楽しめるのが梅酒の良さです。是非、梅酒を飲み比べにさかなや道場へお越しください。

 

カテゴリー別に見る

最新記事

コラム
【さかなや道場】知られざる梅酒の美容・健康に関する効能を解説
コラム
【さかなや道場】居酒屋でカジュアルな同窓会をしよう!